さわさわ丼

ときどき更新…。

中国のトイレでの美しい話(前編)

楽しい夜が、
一変して失意のどん底におちた。

およそ10年前、M子と私は、
旅先の中国のアモイで飲んでいた。

小学校のグラウンドのような空き地に
簡単な長テーブルを並べただけの屋台のようなところで、
アモイの人たち数人と、
青島(チンタオ)ビールを飲んでいた。

発展途上のエリアで、
水も電気もままならず、
テーブルもお皿も土埃っぽかったが、
そんなことより、
青菜の炒め物がびっくりするほど美味しく、
「ハオチー、ハオチー(美味しい)」と
私たちはバクバク食べた。

中国の簡単な手遊びゲームを教わり、
ゲームに負けたら飲むという、
一気飲みゲームのような雰囲気になり、
楽しく、そして、すごく...飲んだ。

「楽しいねぇー。最高!」といいながら、
天井も仕切りもないトイレで、
ふたりで腰を落とそうとしたときに、
M子の声が響いた。

「落としたっ!」

「何を?」

「どぉ~~しよぉ~~~~~(涙)」

M子は、ジーンズをおろしたときに、
ポケットの中のものを落としてしまったのだ。

電気はない。
足元は闇の世界。
またぐ時に足をおく少し高く盛られた土と、
トイレの中の区別も識別できないくらい、
ダークな世界。

落し物を見つけようと、
私たちは眼をこらしつづけた。
でも、鼻をつく匂いと
マンホールのような
真っ暗な闇が広がっているだけだった。
[PR]
by SawaSawaDon | 2007-02-20 08:14 | trip
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31